忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

確実な復讐工作の依頼になるかは殆ど自分次第だったりする

復讐工作を頼むからには確実に成功へ導きたい、というのは誰もが思いますし何も間違った考えではありません。


しかし現実として復讐工作に限らず人同士の動きが関係してくることに確実・絶対・100%ということは言えません。


こればかりは理想と現実の差として確かに存在しているものなので否定することは現実を考えていないことと同じです。

 


ですが目の前のペンを取ってくださいという内容なら、手が滑ってペンを落とすことは数%あれど、ほぼ確実に遂行できるミッションといえます。


要するに復讐工作もそれくらい確実性のある状態にしてしまえば良いということになります。


何を非現実的なことを言っているんだ、と思った方がいるかもしれませんが限りなく100%に向けて物事を計画していくことは可能です。


旅行だって行き当たりばったりと綿密に計画をしたのとでは結果が違うのと同じ、これが復讐工作という依頼になるだけで計画性が必要なのは変わりません。

 


ということで、どうすればより100%に近づけることがいえるか、それは依頼の際に出せる情報量がものをいいます。


例えば相手の顔が分かっているなら顔写真などターゲットがこの人だと分かったり、どういう行動パターンなのかなど情報が多ければ多いほど良いです。


そもそもの話で顔も分からない相手に何かするというのは、それだけで難易度が非常に上がってしまいます。


会社で○○さんに書類を届けてくださいと言われて、顔が分かる分からないで全然違うのと同じですし、何時なら席についているか行動パターンが分かれば一回で書類を届けられます。


つまりこういった情報があるだけで成功率というのを際限なく上げていくことができるわけです。

 


しかし先程もいったようにペンを取るという簡単なことでも手を滑らせて落とす可能性が絶対にないとは言い切れないわけです。


それでもよほど機嫌が悪くないかぎりペンを取ってと言われたら取りますし、手を滑らせる心配なんてしないでしょう。


このような状態にまで復讐工作の依頼や計画を練り上げていくということが結果的により確実なものになっていくのです。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

リンク