忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作を復讐屋に依頼するメリットデメリット

復讐工作を復讐屋に依頼できるといっても、そのメリットデメリットが明確でないとなかなか依頼に至るまでの踏ん切りがつかないと思います。

今回はどんなメリットとデメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。


●メリット1 成功率が上がる

復讐しようにも、つい最近恨みをもって色々と復讐方法を検討しているというような方と、連日のように復讐工作を行なっている方とではスキルも経験も違います。


要するに前者は依頼者であるあなたで、後者が復讐屋になるわけですが色々と差があるような状態ですから復讐の成功率も当然ながら変わってきます。


誰でもやれる簡単な復讐方法であれば特に問題ありませんが、大きな恨みは大きな復讐でしか晴らせないものですので程度によって自分で実行というのは難しいんです。


無理にでも自分でやることは否定しませんが、本質として復讐行為がしたいのか恨みを晴らしたいのかどちらなのかということですね。


恨みを晴らしたい=キッチリ効果がある復讐をしたいのに成功率が低い選択肢を選ぶのは・・・ちょっと違うんじゃないかなと思います。

 


●メリット2 アリバイが作れる


復讐屋は完全な第三者になりますし、特殊な事情がない限り依頼者である自分が復讐工作に参加する必要はありません。


つまりターゲットに対して復讐しそうな人があなたしかいなくても、工作をしている間にアリバイを作ることができます。


これによって報復の可能性を最大限に下げることができますし、大きなメリットとなる訳です。


それでも可能性がゼロとはいえませんが、そこまで疑心暗鬼になっている状態だと何かイヤなことがあっただけで責任転嫁されるので、もはや復讐したかしていないかも関係ないです。


ですので復讐工作を検討することとは別の話になってきてしまいます。

 


●メリット3 リスクを抑えられる


復讐屋に依頼するということは、自分の復讐にプロの手が加わることになります。


これが意味するのは無用な法的リスクを冒さずに済むということにもつながってくるので、全体的なリスク抑制ができるということになります。


復讐屋といっても無法者ではなく、商売としてやっているので合法的な手法のみをつかって作戦を構築していきます。


素人考えで動くと意図せず法に触れるようなことも回避できますし、逆に自分一人でやるというのは、そういうリスクもあるということなんです。

 


●デメリット1 費用がかかる


復讐屋はボランティアではありませんから、依頼するにも費用がかかりますので予算が必要になってきます。


このあたりは何を犠牲にして復讐を達成していくかということにもなりますが、1人でやるよりも複数、それもプロの手でやれた方が成功率が上がります。


これについては否定のしようがありませんから「そこまでして復讐したくない」ということなら復讐屋の線は断念すべきでしょう。


逆に何をしてでも恨みを晴らしたいという場合には非常に有用なのではないでしょうか。

 


●デメリット2 情報を渡す必要がある


これは1人でやるか複数人でやるかという話になってきますが、1人であれこれ考えるだけなら自分が他人に話さない限り絶対に秘密となります。


しかし仲間を作ろうとして、裏でターゲットと繋がっているような人物に話をしてしまうと情報が筒抜けとなってしまいます。


これでは復讐する前に報復がきてしまう可能性もある訳で、非常にリスクの大きい流れになってしまうでしょう。


ですので自分やターゲットの関係者に話すよりかは、第三者の復讐屋に相談した方がまだマシということになります。


かといって復讐屋なら何でもいいという訳ではありませんので、ここなら大丈夫という業者を選んで相談をしていくと良いでしょう。

 


メリットデメリットとしてはこんなところで、必ずしも良いことばかりではないとお分かり頂けたと思います。


もちろんメリットもある選択肢ですから納得いくまで検討を重ねることが大切になってきますね。

 

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

リンク