忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

探偵が裏稼業で復讐工作をやっているという説は正しくない

ネット上の一説では復讐工作業者というのが探偵の裏稼業として成り立っているという見方があります。


もちろん真偽を断言することはできませんし、可能性はあるということになりますが個人的な見解としては正しくないと思っています。


なぜかといえば探偵が探偵として名乗るための法的な許可が根拠としてあるからです。

 


探偵業というのは認可を受ける対価として合法的に対象の尾行ができます。


これは探偵として唯一のメリットで、これを享受する為に様々な制約を受けることになってしまいます。


大きなところだと怨恨に関する依頼を受けることは禁じられており、まさに復讐工作というのはそれに当ってしまいます。

 


だから裏稼業なんだろうという話も分かるのですが、報酬面で雲泥の差があるためリスクを冒してまでやる必要性がないのです。


探偵の主業務というのは事務所によって様々ではありますが同じ時間の復讐工作を請け負った場合の相場観というのは内容にもよりますが相当な差があります。


また復讐工作を引き受けていることが発覚した場合は探偵業の廃止が決定的になるため、そこまでしてやることではないという話になるのです。

PR

復讐工作に絶対はあり得ない

絶対に復讐工作を成功させます、と言ってくる業者がいれば十中八九が嘘だと思った方が良いです。


一部のケースで実行内容が簡単なものであれば絶対といえるレベルがあるかもしれませんが、そもそも復讐工作を依頼する時点で素人では難しい内容になっているはず。


それを考えればやはり絶対成功する状況というのはあり得ないのが現実的な見方です。

 


復讐工作、ひいては復讐というものが対人行為であることが絶対があり得ないという理由になります。


行動パターンから生活スタイルまで把握していたとしても、その時に想定外の動きをしたらまずいわけです。


ですがそんな想定外のケースにおいても臨機応変に対応するからこそ復讐工作の業者というのは一定の評価を得ているのです。

 


復讐工作を依頼するケースの多くは自分が実行不可能なことを頼みたい、レアケースとしては自分が実行したらリスクが高まるので内容は簡単だが依頼したいというものです。


どちらにせよ人に対して行なう行為が復讐なのですから、100%はあり得ないという考えで臨み絶対成功するなどと謳う業者には近づかないことが賢明です。


依頼する側からすれば100%成功と言われるのは心強いかもしれませんが、それは現実ではないからこそ誘惑的に見えるだけなのです。

復讐工作というのはお客様商売ではない

今の時代にお客様商売というほど語弊に満ちた言葉はないと思いますが、結局のところ復讐工作の依頼者というのはお客様ではありません。


あくまで利用者であり依頼者であって、依頼を投げてしまえばそれで手放しということにはならいのです。


ですが取引という形をとっているので誤解しやすいというのは一つの落とし穴ではないでしょうか。

 


復讐工作を依頼したら自分が実行した訳ではないという証拠を作っておく必要があります。


端的にいえばアリバイであったり、相手への恨みを周りに言いふらさないといったような隠蔽工作がそれにあたります。


依頼をしたからといって家で横になって寛いでいては直感的に首謀者だと疑われた時にそれを否定する要素がなくなってしまいます。

 


せっかく復讐工作を依頼したのですから、より自身の復讐を磨き上げる方向で動いていくべきということになります。


だからこそ復讐工作は決してお客様商売ではなく、依頼者と業者の連携によって復讐を達成するためのツールだと思った方が良いでしょう。


でなければいざという時にしっぺ返しを受けるのは自分自身になります。

復讐工作の依頼で求めるべき説明、求めてはいけない説明

復讐工作という言葉を念頭に考えれば第三者に依頼を検討、もしくは依頼した方がこの記事を見ているはずです。


そこで今回は復讐工作の依頼に際して聞くべき説明、聞くべきではない説明を考えていきたいと思います。

 


自分たちは顧客なのだから何でも聞いていいものだし、復讐工作の業者は何でも答えるべきだと考えていないでしょうか。


残念ながらそれは間違いであって業者との関係が悪くなるばかりか、依頼をしたところで失敗してしまうでしょう。


そもそも依頼したからには実行者が復讐工作の業者になりますし、自分は単なる依頼者となります。


復讐を完遂させるには業者が情報・状況を整理し円滑に行動していくことが必要です。


にも関わらずあまり良い関係性でない状態で、果たして復讐は成功に終わるでしょうか?


答えはいわずもがなで、結局のところ良い関係性を築きつつ、本来必要である質問の回答を得られればそれで良い訳です。

 


具体的には復讐に際する日取りやコスト面などは聞くべき説明であると断言できます。


しかしどんな復讐を行なうかというのは聞くべきではありませんし、気になるなら自分で方法を指定しておくべきでしょう。


なぜならその方法こそ業者が業者足り得ている手法であり、商売のタネだからです。


美味しい料理屋にどこ産の食材か聞くことがあっても、どこの卸業者から仕入れているかは聞かないはずです。


どんな業種においても踏み入っていいところと悪いところがあるのです。

復讐工作は特に隠密行動という訳ではない

復讐工作というと何かの裏工作のように隠密行動だとイメージしている節はないでしょうか。


実のところそういう訳ではなく、ケースによっては隠密行動を取るかもしれませんが殆どは違います。


あくまで目的は復讐を達成することにありますから、必要ならするし不要ならしないということです。

 


復讐工作を行なうメリットは自分が動く必要がない=復讐工作の実行者は第三者であるということ。


つまり相手に見つかろうが見つからまいが目的が達成できれば良いのです。


そこに隠密行動である必要性というのはさして重要ではありません。

 


逆に言えば自分で行動してしまうと見つかるかどうかに関わらずバレるような状況において赤の他人が実行するというのは強いです。


その際に自分もアリバイなどをしっかり作っておくことによって真相は闇の中ということになります。


復讐工作をただ頼むだけではなく、その先まで見据えることが最も重要といえるでしょう。

リンク