忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復縁のための復讐工作という選択肢

復縁と復讐工作を並べると、どうして両立するのか不思議に思うかもしれませんが、復縁のための復讐工作というのは確かに存在するようです。


これはシチュエーションの問題で、例えばパートナーを略奪されたのであれば復縁をするための略奪してきた相手に対して復讐工作をするというのは辻褄が合うお話です。

 


実際のところこういう泥沼の恋愛というのは最近になって増えてきているようで、それは時代の流れで直接的な関係を持つコミュニティというのが徐々に小さくなってくるかもしれません。


考えてもて欲しいのですが、SNSなどインターネットの発達で実際に会ったことはないが知り合いという方は、極端な話世界中に輪があるわけです。


しかし定期的に会う相手というのは町内会や近所の付き合いすらなくなってきた現在において、非常に輪が小さくなってきている=恋愛などの相関図も必然的に小さくなるので泥沼の恋愛が増えてしまうという構図になっているのです。

 


だからこそ復縁の為に別れさせ工作ないし復讐工作をした上で、改めてパートナーと復縁するというケースは時代のせいか増えてきているのが現実のようです。


そういうことを対応してくれるとなると復讐屋などが主な選択肢となってくるので、一人でどうにかしようとしないで相談した方が良いと思います。


なぜなら別れさせる為にコソコソ動いていた相手と復縁したいか?という心理が働いてしまうからです。

PR

復讐工作の依頼で確認すべきこと

復讐工作に関する相談を復讐屋を進め金額や内容がまとまり、いざGOサインを出す前に確認すべきことがあります。


GOサインを出せるのですから確認が必須ではありませんが復讐工作をスムーズに成功されるためには必要なことなのは間違いありません。


それが工作のスケジュール、そして報告のタイミングの2点となってきます。

 


言葉にすればGOサインの後でも全く問題なさそうに思えてくるこの2つですが必ず事前に聞いておくべきということが言えます。


なぜならスケジュールを大まかにでも把握しておかなければ、何も変化がないとどういう状況かこまめに聞きたくなってしまいます。


またスタートしていることが分かっても自分の求めている結果になっていない状態で報告がいつ来るのか分かっていないと、これもまたこまめに状況を聞きたくなってしまいます。

 


あなたが仕事で何かしら作業をしている最中に、まだかまだかと執拗に言われたら、果たしてどう感じるでしょうか?


しつこく言ってくるのはお客さんなり会社、上司なり自分に対してお金を支払っている側(上司はちょっと違いますが)ということになりますが、イラッとするでしょう。


それを同じことを復讐工作では「まだかまだか」と言う側になってしまう可能性を潰しておくことは、復讐工作をスムーズにするだけでなく人が動く以上は成功率を上げることにも繋がるのです。

結婚を反故にされた相手への復讐工作

婚約していたのに反故にされ、結婚という夢を無残に打ち砕かれた状態だと全てがどうでも良くなってしまのは当然のことです。


しかし何もしないでいては元交際者は完全にノーダメージで新たな人生を歩みだし、挙句の果てには別の方と結婚までしてしまいます。


それで許せる慈愛に満ちた方であれば私の書く記事を見る必要がないので、そのままブラウザを閉じて欲しいのですが、そういう訳でもないはずです。

 


自分に対して大きなダメージとも言い難いとんでもないことをした相手には、相応の制裁が必要であり復讐をしなかれば収まりがつかないというが普通の方の心情です。


復讐屋などのプロがよく使う言葉として復讐工作というものがありますが、それ相応の復讐工作をもって気分を晴らし自分も新たな人生を歩んでいくことが必要です。


ではその復讐工作というのはどういう選択肢、結末が存在するのかというのを考えていきたいと思います。

 


まず一生に一度の結婚というものを反故にされたことに対する贖罪は必須のはずですから、例えば相手が別の方と結婚できないほどのダメージを与えるというのは1つの選択肢です。


もしくは過去に結婚を反故にした事実を周囲が知るところとなれば、これも大きなダメージとなるでしょう。


結局のところ復讐工作というのは自分が何を求め相手をどうしたいのかというところから考えるものですから、まずはプロに相談するなり自分で着地点を決めることが大切です。

工作屋というのは復讐工作以外も請け負っている

大雑把に工作屋というのは特定の人に対して影響を及ぼす行為を行なう集団であり、その行為は復讐工作に限ったことではありません。


また何でも屋や便利屋と呼ばれるどんな依頼もこなす集団がいますが、それらは修理や設置など物に対しての行為も含まれるので対人においては専門的とは言えません。


もちろん工作行為を受けてもらえる便利屋もいるようですが広告などを見る限り多くは対物ということになるので複雑な依頼というのは難しいかもしれません。

 


話を戻しますが何が言いたいかというと、復讐工作を請け負ってくれる業者という視線で探すことが必ずしも正解とは限らないということです。


簡単な例をいえば付き合っていた相手を寝取られてしまい、寝取った相手を恨んでいたとしましょう。


ここで復讐工作を検討するというのは間違いではありませんが、その目的がターゲットカップルの破局だとしたら、別れさせ工作の請負業者でも良いのです。


つまりは復讐屋だけでなく別れさせ屋でも正解となりますし、別れた先に付き合っていた相手との復縁があるなら復縁工作を請け負う復縁屋という存在もいます。

 


このように選択肢というか正解は1つではないということが重要で、もっとも大切なことは自分がどういう結果を求めて工作屋を頼るのかということです。


単に恨みを晴らすだけで良いなら復讐屋で問題ないのかもしれませんが上記の例のようなこともありますから、しっかり自問自答していくべきでしょう。

復讐工作は依頼が細かすぎると実行不可能な場合がある

復讐工作というのは大雑把な言葉であると同時に、復讐屋に依頼をする時に内容が細かすぎると実行不可能になることがあります。

 


例えば職場で上司に理不尽なことをされたの、職場で上司に恥をかかせたい、とよくある話を依頼として復讐屋に伝えたとしましょう。


復讐工作の現場が自分自身の職場であることが限定されてしまいますので、業者が入り込めなければ実行が不可能となります。


職場が飲食店や小売店であれば容易に入ることができますが、来客がほとんどないようなオフィスでは難しいでしょう。


これを解決するためには職場の外で、同僚が幾らかいるような場面において復讐工作をすることになりますが、依頼内容から逸脱します。


なので場合によっては業者に断られてしまうというケースもあるので注意をした方が良いところでもあります。

 


結局のところ合法的に復讐工作をするには環境が重要ですので、あまりに具体的すぎる依頼というのも業者にとっては困るのだとか。


とはいえ単に復讐してくれと名前だけ言われても困るという話もあるので良い塩梅で話を進めるということが秘訣のようです。


究極的に言えばターゲットが判別できる情報とターゲットをどんな結果に追い込めば良いかを伝えればOKなのだそうです。


そこを基本として追加で必要な情報があると費用が安くなるケースもあるので、そこは業者と相談する際に話しておくと良いでしょう。

リンク