忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

自然な形で復讐工作をしようとしても自分でやるとバレる

復讐工作というのは復讐を達成するために必要な作戦の1つです。


ですので復讐に向かってどんどん動いていくといった考え方もできると思います。


そんな中で如何に自然な形で作戦を遂行しようとしても、それが復讐であること、つまり自分でやったのであれば自分が何かしらやったとバレる可能性が高いです。


むしろほぼバレると思って良いかもしれませんし、バレたら困るなら自分でやらない選択肢を取ればいいだけなので無用な心配なんです。

 


よほど自然に復讐工作を進めたいのであれば、まず第三者にどうやって動いてもらうかを考えなければいけません。


また第三者という選択肢を先に検討するならほぼ間違いなくそのままの選択肢で工作を実行することが可能です。


そもそも第三者といっても非常に多くの人間がいますし、究極的な選択肢というか堅実なところで復讐屋などもプロもいるからです。

 


私達のような素人が復讐をするよりプロが実行した方が確実性が高いのは当たり前の話ですし、より自然な形を実現できるのも間違いありません。


もちろん完全な第三者に依頼をするとなるとコストもかかりますから、自分の事情で考えうる範囲のことを考えて選択するのが良いでしょう。


どんなことも無理をすれば自分に返ってくるというものですし、身の丈以上のコストを費やして復讐しても満足な結果は得られないと思います。


あくまで自分の恨みを晴らすため、自分にメリットがあるように考えていかなければならないことなんです。

PR

復讐工作を便利屋で頼むなら自分からハッキリ聞かないとダメです

復讐工作といわれる依頼を受けてもらえる業者として復讐屋が最も有名ですが、パートナーを略奪愛された時などに別れさせたいといった場合に別れさせ工作と呼ばれるものを専門とする別れさせ屋に依頼することも1つの選択肢となります。


かといって別れさせ工作が復讐工作の一部になるかというと、そうでもなく別れさせ工作はあくまで恋愛絡みの特殊工作の中の1つという位置づけですから専門分野としては恋愛系になります。


ただ別れさせれば恨みが晴れる=復讐となるなら別れさせ工作でも良いわけで、使えないということにはなりません。

 


これと同じように便利屋や何でも屋と呼ばれる業者も同じような復讐工作を受けてもらえるところが全部ではないにせよ一部あります。


何でも屋というとエアコンの取付を手伝ってもらったり、芝刈りをしてもらったりなど雑用を頼むところというイメージが強いと思いますが、結局その雑用(色々な業務)の中に復讐行為も含むと認識している業者に頼めば良いということなのです。


復讐関連の情報を探していると時たま便利屋として運営している業者が出てくることがありますが、こういうところはほぼ復讐工作を受けてくれると思って良いでしょう。

 


ただし、そういうレアケースを除いて基本的に自分から復讐行為も依頼として受けてもらえるか聞かないとOKかどうかは分からないといったデメリットがあります。


ですので最初の問い合せを匿名などで行なって確認した後に本格的な話を進めていくといった流れが必要になります。


こういう流れが少々面倒ではありますが、数ある復讐屋や別れさせ屋などに相談したけどシックリこないということであれば、こういう選択肢もあるということです。

 


もちろん復讐工作の専門は復讐屋になりますから、相談する順番としては優先的に相談していくべきところでしょう。


しかし第三者に依頼をする=費用がかかる訳ですから依頼するなら自分がしっかり納得したところで依頼するという流れがスジです。


100%納得できるところがないのであれば、一先ず置いといて便利屋などに相談してみるのが正しい順番だと思います。


それで比較して一番良いところで依頼するというのも間違いではありませんからね。

復讐工作に関するトラブルは殆どを自分で防げる

悪質な業者が請け負った復讐工作に関するトラブルで度々聞くのは、


・何かしらのタイミングで断ったら高圧的な対応をされた


・依頼をしたのに実行されないまま時間が経っている


このどちらかが殆どであり、実際考えうるトラブルはそれくらいです。


で、ここからが本題ですがどちらも比較的簡単に防ぐことは可能なので、相応の準備をしてから問合せるようにしましょう。

 


まず高圧的な対応をされたのにも関わらず、こちらが無視なり反撃なりできない理由というのは連絡先を相手に知られているからです。


早い話が使ってる携帯の番号だったり、メールアドレスで連絡してしまったが為に業者に握られているという状態です。


逆にいえば簡単に連絡先を変えたりできる状態であれば何ら問題なく無視を決め込むことも可能といえます。


ということは新しく取った無料メールやプリペイド式の携帯電話を使えば完全に解決ではないでしょうか?


わざわざ問合せの為にプリペイド式携帯?となるかもしれませんが、復讐屋に依頼をするとなると平気で万単位の費用が必要になります。


そして第三者に依頼をして恨みを晴らそうとしているのに3,000円程度を躊躇するようであれば、依頼するのは難しいことを意味していますから、携帯を手に入れる必要はないでしょう。

 


二つ目の依頼をしたにも関わらず実行されないという話は、まず復讐の計画や日程などを再度確認してみましょう。


何か話をすっ飛ばしてしまい、依頼した当日に決行してくれると思っていたりしませんか?


通販などでもよくある話ですが、購入した翌日に届かないというクレームが毎月一定数あると業界の方から聞いたことがあります。


大きな通販だと当日に届く商品も稀にあるようですが、基本的に1週間くらいは見ておくのが通販というものです。


同じような早とちりがないか確認し、同時にしっかりと実行に足るだけの話ができているのかも見ておくと良いです。


計画を実行に移せるだけの話が済んでいないにも関わらず料金の支払いや決行日が確定されるというのは、どう考えてもおかしい訳です。


恨みを晴らしたい一心というのも理解できますが、しっかりと復讐が完遂できなければ恨みも晴れません。


このあたりの整合性を見ておけば大概おかしい業者というのは見抜けますので、冷静に対応することを心がけてみてください。

自分で復讐工作をするデメリット

一般的に復讐は自分でするものという先入観があります。


フィクションではありますが復讐モノの映画を思い浮かべると複数人でやっていることが少ないはずです。


だからといって現実でも一人でやるべきかというと全く逆の結論に至ります。

 


自分で復讐工作をするデメリットを挙げると、


・一人なのでやれることが限られる
・ノウハウを持ち合わせていない
・自分が首謀者だとバレやすい


どれも一人でやると明確なデメリットとして露呈しています。

 


一方で知り合いや復讐工作業者などを活用して複数人で決行することのデメリットは


・業者依頼は費用がかかる
・信頼できる仲間がいないと情報が漏れる


このあたりが大きいのではないかと思います。

 


メリットについては上記を逆に考えれば良いだけなので割愛しますが、結局のところ一長一短といえるのではないでしょうか。


しかし、個人にとって一番気になるメリット・デメリットとしては費用面のところになると思います。


要するに復讐屋を使うとお金がかかる、けど素人よりも明確な工作ができるという話は間違いのないところです。


とはいえそこまでして・・・という気持ちがあるなら他の方策を考えれば良いですし、他の方策がないor業者の方が間違いないと思ったなら依頼を検討で良いです。

 


このあたりのお話は自動車のタイヤ交換がとても似ていて、ある人は経験値があるので一人で交換作業をなんなく終わらせることができますし取り付けの不具合も起こしません。


かといって生半可な実力で取り付けを行なってしまうと後で大変なことになりますし、全く経験がない方は業者に持ち込んで交換してもらう流れになると思います。


どれも失敗さえしなければタイヤをしっかり交換するという結果は手に入りますが、選択肢は1つではないというところが復讐屋を使うか否かに似ていますよね。


結論として後悔する選択肢だけは取らない方が良いということになります。

復讐工作の事例紹介ほど参考にならない情報はない

復讐工作というのを初めて依頼する時に、他の人はどんな依頼をしてどんな結果を得ているんだろうと思うのは無理もありませんが、正直なところ無駄な情報となってしまいます。


なぜなら復讐というのは人それぞれ内容が違うので他人がどうこうよりも自分のケースに最適な復讐工作ができるか、そこが最も重要なところになるからです。


また復讐工作というのは性質的に他人に依頼したことをバラしたくないという方が殆どです。


復讐屋が事例を紹介していたとしても情報をぼかしているか、宣伝用の内容を投稿している可能性が高いです。


なので書いてあったからといって参考になる保証はどこにもありませんし、事例次第で依頼を検討するというのは間違った手順ともいえます。


読むことはできても実際にやった復讐工作なのかは判別できるところではないですから、こればかりは別の基準で考えた方が良いと思います。

 


そもそも事例を見て判断するというのは業者に問合せをする前で何も分からないから参考にしたいというケースか、問合せしてみたけど依頼するという気持ちに至らず他の事例も見て判断したいというケースの2パターンでほぼ全てではないでしょうか。


前者に関しては事例を読むより問合せした方が早いですし、後者は恐らくその業者は自分の中で信用するに足らないという判断が既に深層心理であるのだと思います。


いずれにしても事例を見て判断するという場面ではないという結論になりますね。

 


唯一他人の事例が参考になるケースというのは状況も相手の性格等、時期も全くといっていいほど同じようなケースがあった時だけです。


要するにとても可能性が低いケースにおいては例外的に参考になるということですので、やっぱり必要はないという結論に至ります。

リンク