忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復縁工作業者は調査範囲に限界がある

復縁工作を依頼する際に不足している情報については調査をする必要があります。


しかし工作業者が調査できる範囲というのが実は存在していたりもします。

 


要点をかいつまんでいえば尾行を伴う調査というのは探偵業の許可が必要となるので工作業者は実施できません。


例えばターゲットの後をつけて自宅を割り出すなど、これらは探偵にしか許されていない行為なのでNGとなってしまいます。


仮にそういうこともやると明言する業者がいるなら少々危ないというか法に触れるので避けた方が良いでしょう。

 


工作業者も探偵業の許可を取っていたりしないか?という質問の答えはNOとなります。


なぜなら探偵というのは怨恨による依頼を受け付けてはならないという制約があるからです。


これは許可を得た代償ということになるでしょう。


つまり復讐屋が探偵業の許可を取っていることも、探偵業の許可を得ているところが復讐工作の依頼を受けることも不可能なのです。

 


このような制約があるため、ターゲットの情報をある程度は把握していないと、やりたい復讐ができない訳です。


もちろん探偵業でないなら法に触れない範囲の復讐工作というのは合法になりますから、それ自体は特に問題ではありません。


要するに復讐工作を依頼する際は、それなりに情報を渡して実施してもらうのが良いということですね。

PR

料金後払いの復讐工作だからといって信頼できるものではない

復讐工作にも一部で料金後払い制を導入している業者がいますが、だからといって信頼できる業者とは限りません。


もちろん信頼できないと断言もできませんので悪しからず。


結局のところなぜ料金前払いだとダメで後払いだと良いのかという話にもなってきます。


・しっかり実行してくれるか不安


全てはここに尽きるのではないでしょうか?

 


はっきり言ってしまえば、そんな不安を覚える業者に復讐工作を頼むなという話だったりします。


この手の業者は顧客との信頼関係がとても重要になってきます。


信頼していない相手に全ての情報を包み隠さず言えるかといえば、それは間違いなく伝えられないでしょう。


結果として情報が不足し復讐工作が失敗することだって十分にありえます。


全ては信頼していないor不安を覚えているから招いた結果ですから、ある意味自業自得かもしれません。

 


そうならないよう信頼できる業者を選別して依頼するというのがスジではないでしょうか。


そもそも「業者に依頼しない」という選択肢をとることだって可能なのです。


無理やり不安を覚える業者に依頼するメリットは完全にゼロと言っても良いでしょう。


要するに料金の支払いが前後するくらい何とも思わないところで頼むべきという結論になります。

 


だからこそ後払いか否かというのは意味がなく、業者の信頼度の話ではないのです。


どちらかというと依頼者側の信頼度ということですね。

復讐工作は日本全国で実行することができる

復讐工作を生業にしている業者は国内を見ても10前後の数になってくると思います。


そのほぼ全てが都市圏に所在を置いていて、地方ではどうすればいいのかと考えてしまうかもしれません。


しかしこの手の業者は殆どが全国対応で依頼を受けていますので、特に心配することはありません。


デメリットとしては都市圏から地方に出張しなければならないので諸経費がかさんでしまうことくらいでしょうか。


ただ見返しとして私たちのような素人がやる復讐よりもクオリティは当然ながら高いということになります。

 


依頼したもののハイクオリティな工作を実施してくれるのかという疑問を持つ方もいるかもしれませんが、そもそもそれは間違いです。


ここ数日あるいは数週間で恨みが復讐したいというところまできた方は復讐に関しては明らかに素人です。


対して日常的に復讐と隣り合わせで業務を遂行している業者が私達に劣るということは非常に考え憎いです。


それこそサッカーを初めて1年目の方がプロ選手の技術を疑うようなものではないでしょうか。


どちらがやった方がクオリティも高いかというのは疑う余地がないのです。

 


もちろん依頼すれば100%成功するのかといえば、それは断言できるものではありません。


ただボールをけるという行為なら、結構的な人であれば特に問題なく遂行できるでしょう。


しかし試合で必ずゴールを決められるかと言われればプロでも毎試合は無理な訳です。


復讐は人が絡んでくる以上、絶対ということはありません。


それでも素人とプロがやった場合、どちらの方が高確率かというのも疑いようがないのです。

自然な形で復讐工作をしようとしても自分でやるとバレる

復讐工作というのは復讐を達成するために必要な作戦の1つです。


ですので復讐に向かってどんどん動いていくといった考え方もできると思います。


そんな中で如何に自然な形で作戦を遂行しようとしても、それが復讐であること、つまり自分でやったのであれば自分が何かしらやったとバレる可能性が高いです。


むしろほぼバレると思って良いかもしれませんし、バレたら困るなら自分でやらない選択肢を取ればいいだけなので無用な心配なんです。

 


よほど自然に復讐工作を進めたいのであれば、まず第三者にどうやって動いてもらうかを考えなければいけません。


また第三者という選択肢を先に検討するならほぼ間違いなくそのままの選択肢で工作を実行することが可能です。


そもそも第三者といっても非常に多くの人間がいますし、究極的な選択肢というか堅実なところで復讐屋などもプロもいるからです。

 


私達のような素人が復讐をするよりプロが実行した方が確実性が高いのは当たり前の話ですし、より自然な形を実現できるのも間違いありません。


もちろん完全な第三者に依頼をするとなるとコストもかかりますから、自分の事情で考えうる範囲のことを考えて選択するのが良いでしょう。


どんなことも無理をすれば自分に返ってくるというものですし、身の丈以上のコストを費やして復讐しても満足な結果は得られないと思います。


あくまで自分の恨みを晴らすため、自分にメリットがあるように考えていかなければならないことなんです。

復讐工作を便利屋で頼むなら自分からハッキリ聞かないとダメです

復讐工作といわれる依頼を受けてもらえる業者として復讐屋が最も有名ですが、パートナーを略奪愛された時などに別れさせたいといった場合に別れさせ工作と呼ばれるものを専門とする別れさせ屋に依頼することも1つの選択肢となります。


かといって別れさせ工作が復讐工作の一部になるかというと、そうでもなく別れさせ工作はあくまで恋愛絡みの特殊工作の中の1つという位置づけですから専門分野としては恋愛系になります。


ただ別れさせれば恨みが晴れる=復讐となるなら別れさせ工作でも良いわけで、使えないということにはなりません。

 


これと同じように便利屋や何でも屋と呼ばれる業者も同じような復讐工作を受けてもらえるところが全部ではないにせよ一部あります。


何でも屋というとエアコンの取付を手伝ってもらったり、芝刈りをしてもらったりなど雑用を頼むところというイメージが強いと思いますが、結局その雑用(色々な業務)の中に復讐行為も含むと認識している業者に頼めば良いということなのです。


復讐関連の情報を探していると時たま便利屋として運営している業者が出てくることがありますが、こういうところはほぼ復讐工作を受けてくれると思って良いでしょう。

 


ただし、そういうレアケースを除いて基本的に自分から復讐行為も依頼として受けてもらえるか聞かないとOKかどうかは分からないといったデメリットがあります。


ですので最初の問い合せを匿名などで行なって確認した後に本格的な話を進めていくといった流れが必要になります。


こういう流れが少々面倒ではありますが、数ある復讐屋や別れさせ屋などに相談したけどシックリこないということであれば、こういう選択肢もあるということです。

 


もちろん復讐工作の専門は復讐屋になりますから、相談する順番としては優先的に相談していくべきところでしょう。


しかし第三者に依頼をする=費用がかかる訳ですから依頼するなら自分がしっかり納得したところで依頼するという流れがスジです。


100%納得できるところがないのであれば、一先ず置いといて便利屋などに相談してみるのが正しい順番だと思います。


それで比較して一番良いところで依頼するというのも間違いではありませんからね。

リンク