忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作の存在が疑わしいなら依頼を検討すべきでない

復讐工作をおこなう業者、要するに復讐屋を初めて知った方にとっては存在そのものが疑問であるかもしれません。


それ自体は何ら問題ありませんが、最後の手段として復讐屋を検討してる方ですら、その疑問が拭えてないという方がいます。


はっきり言ってこのような状態で依頼をしても上手くいかないのは目に見えているので検討すらすべきでないということが言えます。

 


なぜそこまで言えるかというと、結局のところ信頼あっての復讐工作依頼だからです。


存在すら疑わしい相手を信頼できるかといわれたら、当然ながらできる訳もありません。


そんな状態でコレしか選択肢がないからといって話を進めたところで疑心暗鬼を払拭することもできないでしょう。


この状態で復讐を進めた成功するかと言われたら、子供のお使いレベルな内容でもない限り難しいのではないでしょうか。

 


いくらプロが請け負うからといっても、復讐工作は人対人の非常に繊細なものです。


仕掛ける側に不安要素がある時点で成功率は低くなるといっても過言ではありません。


だからこそ信頼など此方で問題なくコントロール出来るところは調整しておくべきなのです。

PR

復讐工作のメリットはターゲットから首謀者が分からなくなること

復讐工作を請け負う復讐屋に依頼をするというのは、単にプロに頼める以上のメリットが存在します。


その1つがターゲットに自分の影を見せない、つまりバレない復讐ができるということです。


復讐というのは大抵のケースでバレたらどうしよう、報復されたらどうしようという心理があるはずです。


そのせいで復讐の実行をためらう、または我慢してしまうことが多いような気がします。


復讐工作を依頼するというのは、そういった心配がなくなることを意味しています。

 


単純な話ですが自分で復讐を実行したらターゲットにバレやすいのは当たり前です。


それが知人友人でも繋がりがあればバレやすいということになります。


なので完全な第三者である復讐屋が復讐工作をするという選択肢は非常にメリットがある訳です。


ターゲットからしたら繋がりが全く見えない相手になる訳ですから関係なくなるのです。

 


しかしそれにあぐらをかいていると思わぬ落とし穴にハマってしまう可能性もあります。


それが全くの偶然によって首謀者として疑われてしまう可能性です。


そしてその状態で自分にアリバイがないと疑いも更に深まってしまいます。


こればかりは避けられませんから、幾ら復讐工作を依頼していてもアリバイは作っておきましょう。


そうすることによってメリット最大限に享受できるのですから、やらない理由はないはずです。

 

復讐工作の結果に失望しないためにすべきこと

復讐工作を依頼したのに失敗したというケースは充分に有り得ます。


そもそも依頼したら絶対に成功するのが復讐工作ではありません。


これは弁護士に依頼したら裁判に絶対勝てると言ってるようなものです。


人対人である以上、100%は存在しないと思った方が良いでしょう。

 


しかし裁判になると殆どの方が弁護士に依頼をしますが、それはなぜでしょう?


当然ながら弁護士を付けないと勝てる確率が上がらないからで、復讐工作もそれと一緒です。


必ず成功すると思っていたものが失敗すると人は失望しますが想定不足としか言いようがありません。


逆に考えると失望しないために何ができるかということになってきます。

 


ありがちなパターンとして期限ギリギリになってプロに泣きつこうとする方が色々なジャンルで存在します。


これは最も良くないパターンであり、プロもお手上げの状況だと思った方が良いでしょう。


プロであっても相応の時間と準備が必要というものです、プロだって超能力者でも超人でもありません。


せめて具体的なことを何も考えていないとしても、余裕をもってプロに相談するだけでも結果は大きく変わるはずです。

復讐工作は人間関係の把握から

復讐工作といっても一言でいうのは簡単ですが成功に導くためには多大なる努力が必要です。


ターゲットと自分の人間関係を把握することもその中の1つでしょう。


これを把握せずして復讐工作が成功することは多くのケースで難しいからです。


必要ないとすればイタズラ程度の内容を実行する時くらいでしょうか。

 


なぜ人間関係が重要かというと、合法的な復讐工作を展開するには人間関係を利用することが多いからです。


ターゲットの友人が次々と離れていくことは法に触れるでしょうか?


ターゲットの不正を会社が懲戒したり処分することは法に触れるでしょうか?


ターゲットに対して親族が何かしら懲罰を行なうことは法に触れるでしょうか?


このように近しい人間からターゲットに対するネガティブなイベントというのは法に触れないものが多いのです。

 


これを利用することによって距離感がある程度離れているような相手でも復讐工作は完遂できます。


また自分が全くうごかなければ首謀者が自分であることも判明し得ません。


あくまでターゲットに直接アプローチするのはターゲットに近しい人物。


その近しい人物を扇動していくのが仮に復讐屋だとすれば自分の存在はまったく出てこないでしょう。


だからこそ人間関係の把握というのは復讐工作において重要な要素となってくるのです。

復讐工作の工作員はプロと限らない

復讐工作を頼んだからにはプロの工作員が賢明に工作を・・・と思っていたら大間違いです。


むしろ工作を実行する工作員はプロでない方が良いケースだってあります。


もし目の前にゴルゴ13のようなバリバリの工作員が立っていたら誰でも警戒するでしょう。


しかし勘違いしないで欲しいのはプロが取りまとめた計画を実行するからこそ効果を発揮するということです。

 


あくまで人対人の行為なので想定外というものも起きるのが復讐工作ですが、計画段階で90~95%は決まっています。


なぜならその想定外のケースですら想定して予め計画に盛り込んでおくからです。


これが素人とプロの違い、ということだと私が相談した複数の復讐屋がおっしゃってました。


確かにそれもそのはずで予め想定できていれば計画が逸れても修正はいくらでも効きますからね。

 


あとは工作員の実力次第ということですが、結局のところターゲットに接触する工作員と接触しない工作員で役割が違うようです。


その接触しない工作員というのはプロではなく仕込みの素人を使うことが多いそうです。


それが経費削減につながって料金を少しでも下げることに繋がるのだとか。


これが良いのは悪いのかはイマイチ分かりませんが、接触しないのであれば特に問題もなさそうですね。


工作員の実態というのはこのようにケースバイケースなのだそうです。

リンク