忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作の結果に失望しないためにすべきこと

復讐工作を依頼したのに失敗したというケースは充分に有り得ます。


そもそも依頼したら絶対に成功するのが復讐工作ではありません。


これは弁護士に依頼したら裁判に絶対勝てると言ってるようなものです。


人対人である以上、100%は存在しないと思った方が良いでしょう。

 


しかし裁判になると殆どの方が弁護士に依頼をしますが、それはなぜでしょう?


当然ながら弁護士を付けないと勝てる確率が上がらないからで、復讐工作もそれと一緒です。


必ず成功すると思っていたものが失敗すると人は失望しますが想定不足としか言いようがありません。


逆に考えると失望しないために何ができるかということになってきます。

 


ありがちなパターンとして期限ギリギリになってプロに泣きつこうとする方が色々なジャンルで存在します。


これは最も良くないパターンであり、プロもお手上げの状況だと思った方が良いでしょう。


プロであっても相応の時間と準備が必要というものです、プロだって超能力者でも超人でもありません。


せめて具体的なことを何も考えていないとしても、余裕をもってプロに相談するだけでも結果は大きく変わるはずです。

PR

復讐工作はどんな行為をするかで色々と決まる

一言で復讐工作といっても様々な行為をするわけですが、この内容によって法的なところから効果まで決まってきます。


言葉の響きはなんだか悪そうですが復讐工作というものに何ら法的な問題はありません。


しかし実行する行為が法に触れれば当然ダメですから、それを如何に回避して復讐を果たすかが重要なのです。

 


逆にいえば法に触れる行為がなければ合法的な復讐になるので法的なラインというのは常に見ながら進めていく必要があります。


素人判断で線引きをしてもダメだったということもありますから、それだけに復讐工作を生業としている復讐屋は存在の価値があるのです。


またそれだけに復讐屋の需要というのは少ないながらも一定の数を保っているといえるでしょう。

 


簡単なものであれば自分一人でも計画の立案から実行まで問題なくやれますし、実際に復讐は自分でやるという方が大多数です。


ただし失敗も成功も自己責任ですから、無理に押し通すものでもありません。


より成功率を上げ効果も求めていくのであればプロである復讐屋の力というのは大きいのではないでしょうか。

会社に復讐工作を仕掛ける時は慎重に

会社に対する復讐工作というのは万全を期して行わなければならず、中途半端な計画では返り討ちに遭います。


現代において会社よりも個人の方が強そうなイメージがあるような印象を受けますが、実のところそうではありません。


法人というのは個人よりも信用力があり、様々な力をもっています。


例えば被った損害を賠償させるために裁判を行なった時に、会社か個人かの差で結果が変わることさえあります。


ほんの一例に過ぎませんが、それだけ会社というものは権利や力を持っているのです。

 


だからといって復讐できない訳ではありません。


あくまで対個人よりも慎重に行なえば良いだけで、綿密に練り上げられ確度ある計画の前には会社も個人も関係ありません。


しかし独りで考え実行するということは、それだけ思い込みで動いてしまう可能性をはらんでいます。


つまり確度が低いということになるのです。

 


ではどうすれば良いか?という話ですが、確実性を高めるなら復讐屋などのプロが良いでしょう。


一朝一夕ではない日々復讐に携わった人物がサポートないし実行に回りますから、素人が画策するよりも合理的で合法的な方策を練れるでしょう。


会社というものは大きな力をもっているからこそ、逆に大きな反動に対しては脆い側面を持っています。


要するにしっかりと大きな計画をもって実行に移せば会社に対しての復讐工作も成功に導くことは可能なのです。

確実な復讐工作の依頼になるかは殆ど自分次第だったりする

復讐工作を頼むからには確実に成功へ導きたい、というのは誰もが思いますし何も間違った考えではありません。


しかし現実として復讐工作に限らず人同士の動きが関係してくることに確実・絶対・100%ということは言えません。


こればかりは理想と現実の差として確かに存在しているものなので否定することは現実を考えていないことと同じです。

 


ですが目の前のペンを取ってくださいという内容なら、手が滑ってペンを落とすことは数%あれど、ほぼ確実に遂行できるミッションといえます。


要するに復讐工作もそれくらい確実性のある状態にしてしまえば良いということになります。


何を非現実的なことを言っているんだ、と思った方がいるかもしれませんが限りなく100%に向けて物事を計画していくことは可能です。


旅行だって行き当たりばったりと綿密に計画をしたのとでは結果が違うのと同じ、これが復讐工作という依頼になるだけで計画性が必要なのは変わりません。

 


ということで、どうすればより100%に近づけることがいえるか、それは依頼の際に出せる情報量がものをいいます。


例えば相手の顔が分かっているなら顔写真などターゲットがこの人だと分かったり、どういう行動パターンなのかなど情報が多ければ多いほど良いです。


そもそもの話で顔も分からない相手に何かするというのは、それだけで難易度が非常に上がってしまいます。


会社で○○さんに書類を届けてくださいと言われて、顔が分かる分からないで全然違うのと同じですし、何時なら席についているか行動パターンが分かれば一回で書類を届けられます。


つまりこういった情報があるだけで成功率というのを際限なく上げていくことができるわけです。

 


しかし先程もいったようにペンを取るという簡単なことでも手を滑らせて落とす可能性が絶対にないとは言い切れないわけです。


それでもよほど機嫌が悪くないかぎりペンを取ってと言われたら取りますし、手を滑らせる心配なんてしないでしょう。


このような状態にまで復讐工作の依頼や計画を練り上げていくということが結果的により確実なものになっていくのです。

リンク