忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作の依頼で求めるべき説明、求めてはいけない説明

復讐工作という言葉を念頭に考えれば第三者に依頼を検討、もしくは依頼した方がこの記事を見ているはずです。


そこで今回は復讐工作の依頼に際して聞くべき説明、聞くべきではない説明を考えていきたいと思います。

 


自分たちは顧客なのだから何でも聞いていいものだし、復讐工作の業者は何でも答えるべきだと考えていないでしょうか。


残念ながらそれは間違いであって業者との関係が悪くなるばかりか、依頼をしたところで失敗してしまうでしょう。


そもそも依頼したからには実行者が復讐工作の業者になりますし、自分は単なる依頼者となります。


復讐を完遂させるには業者が情報・状況を整理し円滑に行動していくことが必要です。


にも関わらずあまり良い関係性でない状態で、果たして復讐は成功に終わるでしょうか?


答えはいわずもがなで、結局のところ良い関係性を築きつつ、本来必要である質問の回答を得られればそれで良い訳です。

 


具体的には復讐に際する日取りやコスト面などは聞くべき説明であると断言できます。


しかしどんな復讐を行なうかというのは聞くべきではありませんし、気になるなら自分で方法を指定しておくべきでしょう。


なぜならその方法こそ業者が業者足り得ている手法であり、商売のタネだからです。


美味しい料理屋にどこ産の食材か聞くことがあっても、どこの卸業者から仕入れているかは聞かないはずです。


どんな業種においても踏み入っていいところと悪いところがあるのです。

PR

復讐工作は特に隠密行動という訳ではない

復讐工作というと何かの裏工作のように隠密行動だとイメージしている節はないでしょうか。


実のところそういう訳ではなく、ケースによっては隠密行動を取るかもしれませんが殆どは違います。


あくまで目的は復讐を達成することにありますから、必要ならするし不要ならしないということです。

 


復讐工作を行なうメリットは自分が動く必要がない=復讐工作の実行者は第三者であるということ。


つまり相手に見つかろうが見つからまいが目的が達成できれば良いのです。


そこに隠密行動である必要性というのはさして重要ではありません。

 


逆に言えば自分で行動してしまうと見つかるかどうかに関わらずバレるような状況において赤の他人が実行するというのは強いです。


その際に自分もアリバイなどをしっかり作っておくことによって真相は闇の中ということになります。


復讐工作をただ頼むだけではなく、その先まで見据えることが最も重要といえるでしょう。

復讐工作は内容によって時間がとてもかかるもの

プロの復讐屋に頼んだら復讐工作が直ぐに始まって明日にでも復讐が完了する、と思っていたら大間違いです。


あくまでそれは自分でもやれるくらい簡単なものを、リスク管理の観点から復讐屋に頼んだ時くらいでしょう。


プロの大工に頼めば一軒家が明日できると思っているようなものですし、プレハブ小屋なら当日に完成もできそうです。


つまりはそれくらい見当違いなことを考えている可能性があるということなのです。

 


復讐工作を依頼する経緯などは人それぞれですが、恨みの大小によって復讐工作にかける時間が増減するというのは共通しています。


大きな恨みは手の込んだ大掛かりな復讐でないと晴れない可能性が高く、自分が恨みを募らせていればいるほど時間がかかると思った方が良いでしょう。


単純な準備なら1日あれば良いかもしれませんが、ターゲットの行動パターンなども絡んでくれば短期間で決着するはずもないと思います。

 


復讐工作というのは自分よりも慣れている人間だからこそクオリティが一定以上に担保される。


また第三者が実行するからこそ享受できるメリットがあるという2点が大きなところです。


決して魔法の類ではありませんから時間がかかる可能性も考慮して検討していくことをオススメします。

復讐工作業者の実績はあくまで参考実績

復讐工作の業者でしっかりと運営しているところは自社のホームページを持っています。


そこに過去の実績などを掲載していることが多いのですが、これは鵜呑みにしてはいけません。


嘘を書いているということではありませんが、参考にしかならないのです。

 


なぜかというと復讐工作というのは毎回ターゲットも違いますし、着地点も変わってきます。


そして時と場所などシチュエーションも違いますから同じ復讐というのは一切ありません。


だからこそ似たような話はあれど常に様々な可能性が変わっている以上、過去の実績はそこまで意味を持たないのです。

 


もちろん失敗ばかりしていますと書いている業者はいませんし、いたら流石に頼みたくないでしょう。


ですから聞こえの良い実績を掲載しているのが基本ですので、そういった意味でも鵜呑みにするのは良くありません。


復讐工作を依頼するかどうかというのは自分が相談をした感触で決めるのが最も確度が高い方法といえます。

復讐工作は全体の構成で殆どが決まる

復讐工作というのは準備で9割、現地で1割といった比率ですべきことが分かれてきます。


この割合は厳密なものではありませんので、あくまで準備で多くが決すると考えるのが良いでしょう。


準備とは要するに計画などの構成ということになります。


全てが流れるように寄与していく構成を組み上げることで完璧な復讐工作になるということです。

 


結局のところ行動する前から全てが決まっていると言えるような状態にすることが重要です。


正確には対人行為になりますから計画段階で成功を確信できるだけの準備と、実行の際に臨機応変な対応を可能とするケーススタディを想定しておくことです。


不測の事態というのは何も考えていない状態だからこそ不測の事態となるだけで、予め想定できていれば単なる計画変更に過ぎません。


これらも含めて復讐工作の構成としておくことが大切であるといえます。

 


もちろん一人で全てを進める必要は全くありません。


恨みの程度によりますが、より大きな恨みを晴らすなら大きな復讐行為が必要となるでしょう。


そうなった時に一人では実行することが現実的でない計画になってしまうかもしれません。


そのような場合に復讐工作を請け負う業者や信頼できる友人知人などの手を借りることは非常に有用といえるでしょう。

リンク