忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作は全体の構成で殆どが決まる

復讐工作というのは準備で9割、現地で1割といった比率ですべきことが分かれてきます。


この割合は厳密なものではありませんので、あくまで準備で多くが決すると考えるのが良いでしょう。


準備とは要するに計画などの構成ということになります。


全てが流れるように寄与していく構成を組み上げることで完璧な復讐工作になるということです。

 


結局のところ行動する前から全てが決まっていると言えるような状態にすることが重要です。


正確には対人行為になりますから計画段階で成功を確信できるだけの準備と、実行の際に臨機応変な対応を可能とするケーススタディを想定しておくことです。


不測の事態というのは何も考えていない状態だからこそ不測の事態となるだけで、予め想定できていれば単なる計画変更に過ぎません。


これらも含めて復讐工作の構成としておくことが大切であるといえます。

 


もちろん一人で全てを進める必要は全くありません。


恨みの程度によりますが、より大きな恨みを晴らすなら大きな復讐行為が必要となるでしょう。


そうなった時に一人では実行することが現実的でない計画になってしまうかもしれません。


そのような場合に復讐工作を請け負う業者や信頼できる友人知人などの手を借りることは非常に有用といえるでしょう。

PR

復讐工作は人間関係の把握から

復讐工作といっても一言でいうのは簡単ですが成功に導くためには多大なる努力が必要です。


ターゲットと自分の人間関係を把握することもその中の1つでしょう。


これを把握せずして復讐工作が成功することは多くのケースで難しいからです。


必要ないとすればイタズラ程度の内容を実行する時くらいでしょうか。

 


なぜ人間関係が重要かというと、合法的な復讐工作を展開するには人間関係を利用することが多いからです。


ターゲットの友人が次々と離れていくことは法に触れるでしょうか?


ターゲットの不正を会社が懲戒したり処分することは法に触れるでしょうか?


ターゲットに対して親族が何かしら懲罰を行なうことは法に触れるでしょうか?


このように近しい人間からターゲットに対するネガティブなイベントというのは法に触れないものが多いのです。

 


これを利用することによって距離感がある程度離れているような相手でも復讐工作は完遂できます。


また自分が全くうごかなければ首謀者が自分であることも判明し得ません。


あくまでターゲットに直接アプローチするのはターゲットに近しい人物。


その近しい人物を扇動していくのが仮に復讐屋だとすれば自分の存在はまったく出てこないでしょう。


だからこそ人間関係の把握というのは復讐工作において重要な要素となってくるのです。

復讐工作はターゲットの全人脈から把握する

復讐工作において何が重要か、といえばターゲットの人脈から切り離されたところから仕掛けることが重要です。


これによって首謀者が誰なのかということが隠蔽できるため実行後のリスクが最小限に抑えられます。


ただし自分と相手の間にも人脈が形成されている以上、完全な第三者からの実行となると労力も相応にかかります。

 


一番分かりやすい例が復讐屋などへ復讐代行の依頼をすることでしょう。


メリットとしては完全な第三者から実行ができること、プロの復讐工作ができるということです。


しかしデメリットも当然あり、コストがかかってしまいます。


それを飲み込めるほどの状況であれば依頼を検討しても良いかと思います。

 


結局のところは目的があって、それを叶えるための手段を用意する過程の話です。


何を選ぶにせよメリット・デメリットがありますから、自分の状況に合わせて考えることが大切です。


あくまでも恨みを晴らす為の復讐工作ですので手段が目的になってはいけないのです。

復讐工作のカギは計画の実現性にある

復讐工作において計画の実現性というのは非常に大切です。


そもそもどれだけ辿り着く結果が理想通りであったとしても、そこまで辿り着くことができなければ全く意味がありません。


安直な話ですが、この実現性を軽んじて失敗してしまう方というのは少なくありません。


なぜなら復讐心によって計画が甘くなってしまいがちだからで、簡単にいえば感情的に動いてしまうということです。

 


その点において復讐工作を生業とする復讐屋は感情の起伏が絶対的にありませんから、それだけ復讐工作が成功する可能性も高いということになります。


一見そこまで重要でないと思われがちですが、計画の実現性は全てに直結していきます。


というか実現性がなければ失敗する訳ですから元も子もないという話になりますが。

 


この辺りは私達のような素人考えでの復讐では大抵が実現性の低い計画となっているかもしれません。


ですので不安を覚えたならプロに相談という流れが最も堅実かと思います。

復讐工作は相手ありきで考えないと成功しない

復讐工作を依頼するからには自分の思った通りに相手を痛めつけて・・・なんて考えると思いますが、それは大きな間違いです。


いえ、間違いというか効果を低くしてしまっているということになるでしょう。


なぜそうなってしまうかというと、復讐工作は元より復讐が成功するというのはどういうことでしょう?


相手が何らかの形で深い後悔やダメージを負う必要があるはずです。


ダメージを負うということは効果がある何かをしないと意味がないということになります。


つまり自分で復讐するにしても復讐工作を依頼するにしても「相手に効果がある何か」をしないといけません。


ですので相手ありきに考えないといけませんし、自分がやりたいこととイコールにはならないのです。


これが自分のやりたい復讐をやっても効果が低い=恨みが晴れない可能性が高いという理由になるんです。

 


例外もあって「復讐という行為をした」ことで恨みが晴れるようなケースなら合法の範囲内でやりたいことをやればいいでしょう。


いわゆる「復讐さえできれば満足」というパターンですね。


ですがこれも表向き自分でもそう思っていても、実際にやってみると全然晴れなかった事例も多いようです。


万全を期すなら効果もあってやりたいことを模索していく方が良いかもしれません。

 


1人でやるなら自分で考えないといけませんが、復讐工作を依頼するのであれば復讐屋などが相談に乗ってくれます。


向こうも商売でやってますし、自分から法に触れるようなことをしてしまう連中ではありません。


希望を伝えて「それは法に触れるから無理」などごくごく普通に相談していくことができます。


何から何まで詳細を説明すると自分でも実行できてしまいますから、ある程度はボカして話をしてきますが全容が分からないということはありません。


というかそこで必要以上にボカしてくると、こちらも安心して依頼できませんから信頼関係にも関わってくるところです。

リンク