忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復縁のための復讐工作という選択肢

復縁と復讐工作を並べると、どうして両立するのか不思議に思うかもしれませんが、復縁のための復讐工作というのは確かに存在するようです。


これはシチュエーションの問題で、例えばパートナーを略奪されたのであれば復縁をするための略奪してきた相手に対して復讐工作をするというのは辻褄が合うお話です。

 


実際のところこういう泥沼の恋愛というのは最近になって増えてきているようで、それは時代の流れで直接的な関係を持つコミュニティというのが徐々に小さくなってくるかもしれません。


考えてもて欲しいのですが、SNSなどインターネットの発達で実際に会ったことはないが知り合いという方は、極端な話世界中に輪があるわけです。


しかし定期的に会う相手というのは町内会や近所の付き合いすらなくなってきた現在において、非常に輪が小さくなってきている=恋愛などの相関図も必然的に小さくなるので泥沼の恋愛が増えてしまうという構図になっているのです。

 


だからこそ復縁の為に別れさせ工作ないし復讐工作をした上で、改めてパートナーと復縁するというケースは時代のせいか増えてきているのが現実のようです。


そういうことを対応してくれるとなると復讐屋などが主な選択肢となってくるので、一人でどうにかしようとしないで相談した方が良いと思います。


なぜなら別れさせる為にコソコソ動いていた相手と復縁したいか?という心理が働いてしまうからです。

PR

結婚を反故にされた相手への復讐工作

婚約していたのに反故にされ、結婚という夢を無残に打ち砕かれた状態だと全てがどうでも良くなってしまのは当然のことです。


しかし何もしないでいては元交際者は完全にノーダメージで新たな人生を歩みだし、挙句の果てには別の方と結婚までしてしまいます。


それで許せる慈愛に満ちた方であれば私の書く記事を見る必要がないので、そのままブラウザを閉じて欲しいのですが、そういう訳でもないはずです。

 


自分に対して大きなダメージとも言い難いとんでもないことをした相手には、相応の制裁が必要であり復讐をしなかれば収まりがつかないというが普通の方の心情です。


復讐屋などのプロがよく使う言葉として復讐工作というものがありますが、それ相応の復讐工作をもって気分を晴らし自分も新たな人生を歩んでいくことが必要です。


ではその復讐工作というのはどういう選択肢、結末が存在するのかというのを考えていきたいと思います。

 


まず一生に一度の結婚というものを反故にされたことに対する贖罪は必須のはずですから、例えば相手が別の方と結婚できないほどのダメージを与えるというのは1つの選択肢です。


もしくは過去に結婚を反故にした事実を周囲が知るところとなれば、これも大きなダメージとなるでしょう。


結局のところ復讐工作というのは自分が何を求め相手をどうしたいのかというところから考えるものですから、まずはプロに相談するなり自分で着地点を決めることが大切です。

復讐工作にも可能なこと不可能なことがある

復讐工作だからといって復讐に関することなら何でもしてくれると考えてしまうのは間違いです。


復讐工作にも可能なことと不可能なことがあって、法に触れる行為というのは不可能だと思ってください。


そんなことを依頼すれば依頼者も同罪ですし、依頼を受けてもらえる業者だっていませんから徒労に終わります。

 


そもそも復讐や復讐屋が法に触れる存在という認識を持っているならこれも大きな間違いといえます。


というか復讐屋が法に触れるならネット上にホームページを公開している時点で色々とおかしな話になってきます。


今のご時世法に触れるようなサイトは即シャットアウトされる世の中ですから、長年に渡ってサイト公開をしているのはおかしい訳です。


更にイメージが付き纏うのは分かるつぃて、ネット広告も出ているような業種ですから存在自体は問題ないといえます。

 


結局のところイメージだけが先行して復讐工作なら何でも依頼できると思い込んでしまうのが原因かもしれません。


あくまで復讐が悪なのではなくで法に触れるようなことをしてしまうから悪なのだと考えるべきです。


なので復讐屋に相談することは全く問題なく合法的に進めていけば何ら自分が悪となることは起こりえないのです。

復讐工作というのはお客様商売ではない

今の時代にお客様商売というほど語弊に満ちた言葉はないと思いますが、結局のところ復讐工作の依頼者というのはお客様ではありません。


あくまで利用者であり依頼者であって、依頼を投げてしまえばそれで手放しということにはならいのです。


ですが取引という形をとっているので誤解しやすいというのは一つの落とし穴ではないでしょうか。

 


復讐工作を依頼したら自分が実行した訳ではないという証拠を作っておく必要があります。


端的にいえばアリバイであったり、相手への恨みを周りに言いふらさないといったような隠蔽工作がそれにあたります。


依頼をしたからといって家で横になって寛いでいては直感的に首謀者だと疑われた時にそれを否定する要素がなくなってしまいます。

 


せっかく復讐工作を依頼したのですから、より自身の復讐を磨き上げる方向で動いていくべきということになります。


だからこそ復讐工作は決してお客様商売ではなく、依頼者と業者の連携によって復讐を達成するためのツールだと思った方が良いでしょう。


でなければいざという時にしっぺ返しを受けるのは自分自身になります。

復讐工作の依頼で求めるべき説明、求めてはいけない説明

復讐工作という言葉を念頭に考えれば第三者に依頼を検討、もしくは依頼した方がこの記事を見ているはずです。


そこで今回は復讐工作の依頼に際して聞くべき説明、聞くべきではない説明を考えていきたいと思います。

 


自分たちは顧客なのだから何でも聞いていいものだし、復讐工作の業者は何でも答えるべきだと考えていないでしょうか。


残念ながらそれは間違いであって業者との関係が悪くなるばかりか、依頼をしたところで失敗してしまうでしょう。


そもそも依頼したからには実行者が復讐工作の業者になりますし、自分は単なる依頼者となります。


復讐を完遂させるには業者が情報・状況を整理し円滑に行動していくことが必要です。


にも関わらずあまり良い関係性でない状態で、果たして復讐は成功に終わるでしょうか?


答えはいわずもがなで、結局のところ良い関係性を築きつつ、本来必要である質問の回答を得られればそれで良い訳です。

 


具体的には復讐に際する日取りやコスト面などは聞くべき説明であると断言できます。


しかしどんな復讐を行なうかというのは聞くべきではありませんし、気になるなら自分で方法を指定しておくべきでしょう。


なぜならその方法こそ業者が業者足り得ている手法であり、商売のタネだからです。


美味しい料理屋にどこ産の食材か聞くことがあっても、どこの卸業者から仕入れているかは聞かないはずです。


どんな業種においても踏み入っていいところと悪いところがあるのです。

リンク