忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作というのはお客様商売ではない

今の時代にお客様商売というほど語弊に満ちた言葉はないと思いますが、結局のところ復讐工作の依頼者というのはお客様ではありません。


あくまで利用者であり依頼者であって、依頼を投げてしまえばそれで手放しということにはならいのです。


ですが取引という形をとっているので誤解しやすいというのは一つの落とし穴ではないでしょうか。

 


復讐工作を依頼したら自分が実行した訳ではないという証拠を作っておく必要があります。


端的にいえばアリバイであったり、相手への恨みを周りに言いふらさないといったような隠蔽工作がそれにあたります。


依頼をしたからといって家で横になって寛いでいては直感的に首謀者だと疑われた時にそれを否定する要素がなくなってしまいます。

 


せっかく復讐工作を依頼したのですから、より自身の復讐を磨き上げる方向で動いていくべきということになります。


だからこそ復讐工作は決してお客様商売ではなく、依頼者と業者の連携によって復讐を達成するためのツールだと思った方が良いでしょう。


でなければいざという時にしっぺ返しを受けるのは自分自身になります。

PR

復讐工作の依頼で求めるべき説明、求めてはいけない説明

復讐工作という言葉を念頭に考えれば第三者に依頼を検討、もしくは依頼した方がこの記事を見ているはずです。


そこで今回は復讐工作の依頼に際して聞くべき説明、聞くべきではない説明を考えていきたいと思います。

 


自分たちは顧客なのだから何でも聞いていいものだし、復讐工作の業者は何でも答えるべきだと考えていないでしょうか。


残念ながらそれは間違いであって業者との関係が悪くなるばかりか、依頼をしたところで失敗してしまうでしょう。


そもそも依頼したからには実行者が復讐工作の業者になりますし、自分は単なる依頼者となります。


復讐を完遂させるには業者が情報・状況を整理し円滑に行動していくことが必要です。


にも関わらずあまり良い関係性でない状態で、果たして復讐は成功に終わるでしょうか?


答えはいわずもがなで、結局のところ良い関係性を築きつつ、本来必要である質問の回答を得られればそれで良い訳です。

 


具体的には復讐に際する日取りやコスト面などは聞くべき説明であると断言できます。


しかしどんな復讐を行なうかというのは聞くべきではありませんし、気になるなら自分で方法を指定しておくべきでしょう。


なぜならその方法こそ業者が業者足り得ている手法であり、商売のタネだからです。


美味しい料理屋にどこ産の食材か聞くことがあっても、どこの卸業者から仕入れているかは聞かないはずです。


どんな業種においても踏み入っていいところと悪いところがあるのです。

復讐工作は特殊工作員がやるからこそ成果が出ることもある

復讐工作や別れさせ工作、その他の色々な○○工作といわれるものを実行する業者を特殊工作業者と呼びます。


そこに属している人物を特殊工作員と呼ぶわけですが、彼ら・彼女らは全員が特殊な技能をもっている訳ではありません。

 


現実の探偵業を想像してみてください。


漫画やドラマの世界ならバリバリの推理力で難事件を解決して・・・という話になるものですが、現実の探偵業は人探しや浮気現場の撮影などが主な仕事です。


もちろん人を尾行したり調査する能力が必要ではありますが、これは特殊な技能なのでしょうか?


当然ながら答えはNOですし、調べたりすることは誰でもやれます。


が、探偵業をやっているからこその嗅覚など経験値の差があるので、みなさんプロに頼むのです。

 


復讐工作にも全く同じことがいえるため、特殊工作員にお願いするだけでメリットというものが発生します。


簡単なところだと自分が復讐したということはバレないようにしたいという方なら、第三者に依頼するだけで大きなメリットになるでしょう。


また自分でやれなさそうな復讐をしたいという時に、普段から復讐工作に携わる特殊工作員が実行することのメリットも大きいでしょう。


デメリットはコストがかかるといったところですがメリットがそれを上回れば全く問題ないわけで、現に今でも復讐工作業者は運営を続けているようです。


それはつまりコストがかかってでも依頼したい方が集まってることの裏返しなのですから、今でもメリットは相応のものがあるのでしょう。

復讐工作が解決できること

復讐工作が解決できることというのは非常に多彩で、大げさにいえば人生すら変えることができます。


そもそもの行為としては復讐だけという括りですが復讐に起因する恨みを晴らすことによるメリットが多大です。


また恨みを晴らすということは原因であるターゲットへの復讐完遂ということにもなりますから、自分の中にある障害がなくなるのです。

 


元の平穏な生活に戻ることができる、ひいては今の人生よりもよりよくなるという事になります。


あまり精神論ばかりだと宗教じみてしまいますが、結局のところ恨みが晴れることで自分の周辺環境も大きく変わっていくわけです。


具体的なメリットは人それぞれではあるものの、会社で目障りな人物がいなくなれば仕事に身も入り結果として各種成績がよくなるでしょう。


学校や趣味、地域コミュニティにおいても同じようなことが言えるはずです。

 


結局のところ単なる恨み、されど色々なものに影響を及ぼしているのが恨みなのです。


復讐は良くないから我慢しろという偽善者ぶった論調も確かにあります。


しかし恨みを晴らすことによるメリットまで無視して自分が被害者でいればいいのか?


人生一度きりと考えたら、それはあまりにも幸せを逃しすぎなのではないかと思います。

復讐屋は手口の全貌を教えるようなことは絶対にない

復讐屋に方法を教えてもらおうと考える方は一定数いるようですが、残念ながらそれは叶いません。


そもそも復讐屋が自分たちでやって商売としていることを丁寧に教える義理も義務もありません。


ですので復讐方法を教えて欲しいという依頼に対してはNOを突きつけます。

 


理由としてはこれだけではありません。


自分たちがやっている方法を素人の依頼者が実行したところで同じ結果にならない可能性が高いです。


実行の精度、アクシデント発生時の臨機応変さなど、根本的に実行者のスキル差というのが明白で、それはリスクになります。

 


そして極めつけは方法を独自に解釈してしまい間違った手順を踏んでしまった時です。


単にそれだけなら良いものの、万が一法に触れるようなことをしたら復讐屋としても同罪となります。


これだけデメリットが満載なのに復讐屋は手口を教えるでしょうか?


答えはNOということになります。

 


結局のところ復讐屋は依頼者に代わって復讐を実行してくれる業者であって、アドバイザーではありません。


もちろん依頼に関する相談などをしていくことはできますが、依頼者に対して何か指導することを求めるのはエゴでしかないのです。

リンク