忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

復讐工作は特殊工作員がやるからこそ成果が出ることもある

復讐工作や別れさせ工作、その他の色々な○○工作といわれるものを実行する業者を特殊工作業者と呼びます。


そこに属している人物を特殊工作員と呼ぶわけですが、彼ら・彼女らは全員が特殊な技能をもっている訳ではありません。

 


現実の探偵業を想像してみてください。


漫画やドラマの世界ならバリバリの推理力で難事件を解決して・・・という話になるものですが、現実の探偵業は人探しや浮気現場の撮影などが主な仕事です。


もちろん人を尾行したり調査する能力が必要ではありますが、これは特殊な技能なのでしょうか?


当然ながら答えはNOですし、調べたりすることは誰でもやれます。


が、探偵業をやっているからこその嗅覚など経験値の差があるので、みなさんプロに頼むのです。

 


復讐工作にも全く同じことがいえるため、特殊工作員にお願いするだけでメリットというものが発生します。


簡単なところだと自分が復讐したということはバレないようにしたいという方なら、第三者に依頼するだけで大きなメリットになるでしょう。


また自分でやれなさそうな復讐をしたいという時に、普段から復讐工作に携わる特殊工作員が実行することのメリットも大きいでしょう。


デメリットはコストがかかるといったところですがメリットがそれを上回れば全く問題ないわけで、現に今でも復讐工作業者は運営を続けているようです。


それはつまりコストがかかってでも依頼したい方が集まってることの裏返しなのですから、今でもメリットは相応のものがあるのでしょう。

PR

復讐工作が解決できること

復讐工作が解決できることというのは非常に多彩で、大げさにいえば人生すら変えることができます。


そもそもの行為としては復讐だけという括りですが復讐に起因する恨みを晴らすことによるメリットが多大です。


また恨みを晴らすということは原因であるターゲットへの復讐完遂ということにもなりますから、自分の中にある障害がなくなるのです。

 


元の平穏な生活に戻ることができる、ひいては今の人生よりもよりよくなるという事になります。


あまり精神論ばかりだと宗教じみてしまいますが、結局のところ恨みが晴れることで自分の周辺環境も大きく変わっていくわけです。


具体的なメリットは人それぞれではあるものの、会社で目障りな人物がいなくなれば仕事に身も入り結果として各種成績がよくなるでしょう。


学校や趣味、地域コミュニティにおいても同じようなことが言えるはずです。

 


結局のところ単なる恨み、されど色々なものに影響を及ぼしているのが恨みなのです。


復讐は良くないから我慢しろという偽善者ぶった論調も確かにあります。


しかし恨みを晴らすことによるメリットまで無視して自分が被害者でいればいいのか?


人生一度きりと考えたら、それはあまりにも幸せを逃しすぎなのではないかと思います。

復讐屋は手口の全貌を教えるようなことは絶対にない

復讐屋に方法を教えてもらおうと考える方は一定数いるようですが、残念ながらそれは叶いません。


そもそも復讐屋が自分たちでやって商売としていることを丁寧に教える義理も義務もありません。


ですので復讐方法を教えて欲しいという依頼に対してはNOを突きつけます。

 


理由としてはこれだけではありません。


自分たちがやっている方法を素人の依頼者が実行したところで同じ結果にならない可能性が高いです。


実行の精度、アクシデント発生時の臨機応変さなど、根本的に実行者のスキル差というのが明白で、それはリスクになります。

 


そして極めつけは方法を独自に解釈してしまい間違った手順を踏んでしまった時です。


単にそれだけなら良いものの、万が一法に触れるようなことをしたら復讐屋としても同罪となります。


これだけデメリットが満載なのに復讐屋は手口を教えるでしょうか?


答えはNOということになります。

 


結局のところ復讐屋は依頼者に代わって復讐を実行してくれる業者であって、アドバイザーではありません。


もちろん依頼に関する相談などをしていくことはできますが、依頼者に対して何か指導することを求めるのはエゴでしかないのです。

復讐工作は信頼できるところに頼まないと必ず失敗する

いくら業者が優秀でも依頼者が信頼していないと情報の出し惜しみなどが発生して、必ずといっていいほど依頼は失敗します。


これは話半分で言っている訳でもなく必ず失敗すると思った方が良いでしょう。

 


そもそも復讐工作は自分が実行できない復讐を代行してもらうために依頼する訳です。


にもかかわらず信頼ができないというのは自分よりも「できない」と業者のことを思ってしまった状態です。


「できない」にも色々ありますから、自分のケースに添って考えてみてください。


そんな状況で信頼できない業者に情報などを包み隠さず話せるでしょうか?


必要な費用の見積もりにも関わらず値切り交渉をしたりしないでしょうか?


結局のところ信頼度というのは全てに波及するもので結果に対してもそれは同様です。

 


では信頼できる業者はどこなのか?という話になると思いますが、残念ながら万人が納得する完璧な答えはありません。


なぜなら業者を信頼するのは私ではなく、ご自分だからです。


もちろんフリーメールを使うような業者は避けろだとか、アドバイスをすることは可能です。


しかし最終的に信頼するかしないかは私ができることではなく、出した情報を参考にご自分で判断するしかありません。


ですので自分なりの判断基準をもって、それを満たす業者を探すしかありません。

 


仮に全ての復讐屋が信頼できないとしたら、それは復讐屋という選択肢を諦めましょう。


同じようなことをしている業者は別業種にもいます。


恋愛系のトラブルなら復縁屋や別れさせ屋がいますし、何でも屋だとか便利屋といわれる業者も復讐を請け負ったりするところがあります。


またこれらの工作の総称として特殊工作という名称があるようで、特殊工作業者といわれるところもあります。


つまり復讐屋が全てではないので次の選択肢に移れば良いという話です。


それだけ信頼というのは重要だと考えて、検討を続けるべきでしょう。

 

復讐工作を便利屋で頼むなら自分からハッキリ聞かないとダメです

復讐工作といわれる依頼を受けてもらえる業者として復讐屋が最も有名ですが、パートナーを略奪愛された時などに別れさせたいといった場合に別れさせ工作と呼ばれるものを専門とする別れさせ屋に依頼することも1つの選択肢となります。


かといって別れさせ工作が復讐工作の一部になるかというと、そうでもなく別れさせ工作はあくまで恋愛絡みの特殊工作の中の1つという位置づけですから専門分野としては恋愛系になります。


ただ別れさせれば恨みが晴れる=復讐となるなら別れさせ工作でも良いわけで、使えないということにはなりません。

 


これと同じように便利屋や何でも屋と呼ばれる業者も同じような復讐工作を受けてもらえるところが全部ではないにせよ一部あります。


何でも屋というとエアコンの取付を手伝ってもらったり、芝刈りをしてもらったりなど雑用を頼むところというイメージが強いと思いますが、結局その雑用(色々な業務)の中に復讐行為も含むと認識している業者に頼めば良いということなのです。


復讐関連の情報を探していると時たま便利屋として運営している業者が出てくることがありますが、こういうところはほぼ復讐工作を受けてくれると思って良いでしょう。

 


ただし、そういうレアケースを除いて基本的に自分から復讐行為も依頼として受けてもらえるか聞かないとOKかどうかは分からないといったデメリットがあります。


ですので最初の問い合せを匿名などで行なって確認した後に本格的な話を進めていくといった流れが必要になります。


こういう流れが少々面倒ではありますが、数ある復讐屋や別れさせ屋などに相談したけどシックリこないということであれば、こういう選択肢もあるということです。

 


もちろん復讐工作の専門は復讐屋になりますから、相談する順番としては優先的に相談していくべきところでしょう。


しかし第三者に依頼をする=費用がかかる訳ですから依頼するなら自分がしっかり納得したところで依頼するという流れがスジです。


100%納得できるところがないのであれば、一先ず置いといて便利屋などに相談してみるのが正しい順番だと思います。


それで比較して一番良いところで依頼するというのも間違いではありませんからね。

リンク