忍者ブログ

復讐工作に関する情報まとめ

アンダーグラウンドで確かに存在している復讐屋が行なっている復讐工作というものについて情報をまとめました

確実な復讐工作の依頼になるかは殆ど自分次第だったりする

復讐工作を頼むからには確実に成功へ導きたい、というのは誰もが思いますし何も間違った考えではありません。


しかし現実として復讐工作に限らず人同士の動きが関係してくることに確実・絶対・100%ということは言えません。


こればかりは理想と現実の差として確かに存在しているものなので否定することは現実を考えていないことと同じです。

 


ですが目の前のペンを取ってくださいという内容なら、手が滑ってペンを落とすことは数%あれど、ほぼ確実に遂行できるミッションといえます。


要するに復讐工作もそれくらい確実性のある状態にしてしまえば良いということになります。


何を非現実的なことを言っているんだ、と思った方がいるかもしれませんが限りなく100%に向けて物事を計画していくことは可能です。


旅行だって行き当たりばったりと綿密に計画をしたのとでは結果が違うのと同じ、これが復讐工作という依頼になるだけで計画性が必要なのは変わりません。

 


ということで、どうすればより100%に近づけることがいえるか、それは依頼の際に出せる情報量がものをいいます。


例えば相手の顔が分かっているなら顔写真などターゲットがこの人だと分かったり、どういう行動パターンなのかなど情報が多ければ多いほど良いです。


そもそもの話で顔も分からない相手に何かするというのは、それだけで難易度が非常に上がってしまいます。


会社で○○さんに書類を届けてくださいと言われて、顔が分かる分からないで全然違うのと同じですし、何時なら席についているか行動パターンが分かれば一回で書類を届けられます。


つまりこういった情報があるだけで成功率というのを際限なく上げていくことができるわけです。

 


しかし先程もいったようにペンを取るという簡単なことでも手を滑らせて落とす可能性が絶対にないとは言い切れないわけです。


それでもよほど機嫌が悪くないかぎりペンを取ってと言われたら取りますし、手を滑らせる心配なんてしないでしょう。


このような状態にまで復讐工作の依頼や計画を練り上げていくということが結果的により確実なものになっていくのです。

PR

復讐工作を専門業者に頼むべきかはケースバイケース

復讐工作を頼むなら復讐屋でしょ!という考えはハッキリ言って時期尚早です。


もちろん自分たちを宣伝している復讐屋ならそういう謳い文句になって然るべきでしょうけども、実際のところは状況に応じて他に適切な工作業者がいるということになります。

 


1つのケースとして例えてみると、付き合っていたパートナーが浮気の末に略奪されてしまったとしましょう。


その浮気相手を恨むのは当然のことパートナーとも改めて付き合いたいということなら復縁の必要がありますね。


となると純粋に浮気相手へ復讐するだけではなく、場合によってはパートナーへとの復縁を手引きしないといけないかもしれません。


そのようなケースで必要なのは復讐する・別れさせる・復縁するといった3つが具体的な行動手順となります。


世の中いろいろな工作業者がいるもので、復讐屋・別れさせ屋・復縁屋とそれぞれに専門業者がいますし、どれも総合的に取り扱っているところだってあります。


どこにどう頼むことがベストかというのは自分のケースを紐解いていかないと正確なことは言えませんが、少なくとも選択肢が復讐屋だけではないということが分かるはずです。

 


また上記のケースでいえば別れさせることが復讐につながるのであれば、復讐工作というよりも別れさせ工作を実施すれば復讐につながりますから、あとは復縁だけということになります。


それぞれの必要な行動で業者を介する必要があること、ないこともケースによって変わってきますから自分だけで見極めるということではなく業者とも相談すると良いかもしれません。


ひとまず恨みがあるから復讐工作だけが唯一無二の選択肢でないという点を念頭に置いて、自分が納得できる選択と手順を踏んでいくことがベターを言えるでしょう。

復讐工作を復讐屋に依頼するメリットデメリット

復讐工作を復讐屋に依頼できるといっても、そのメリットデメリットが明確でないとなかなか依頼に至るまでの踏ん切りがつかないと思います。

今回はどんなメリットとデメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。


●メリット1 成功率が上がる

復讐しようにも、つい最近恨みをもって色々と復讐方法を検討しているというような方と、連日のように復讐工作を行なっている方とではスキルも経験も違います。


要するに前者は依頼者であるあなたで、後者が復讐屋になるわけですが色々と差があるような状態ですから復讐の成功率も当然ながら変わってきます。


誰でもやれる簡単な復讐方法であれば特に問題ありませんが、大きな恨みは大きな復讐でしか晴らせないものですので程度によって自分で実行というのは難しいんです。


無理にでも自分でやることは否定しませんが、本質として復讐行為がしたいのか恨みを晴らしたいのかどちらなのかということですね。


恨みを晴らしたい=キッチリ効果がある復讐をしたいのに成功率が低い選択肢を選ぶのは・・・ちょっと違うんじゃないかなと思います。

 


●メリット2 アリバイが作れる


復讐屋は完全な第三者になりますし、特殊な事情がない限り依頼者である自分が復讐工作に参加する必要はありません。


つまりターゲットに対して復讐しそうな人があなたしかいなくても、工作をしている間にアリバイを作ることができます。


これによって報復の可能性を最大限に下げることができますし、大きなメリットとなる訳です。


それでも可能性がゼロとはいえませんが、そこまで疑心暗鬼になっている状態だと何かイヤなことがあっただけで責任転嫁されるので、もはや復讐したかしていないかも関係ないです。


ですので復讐工作を検討することとは別の話になってきてしまいます。

 


●メリット3 リスクを抑えられる


復讐屋に依頼するということは、自分の復讐にプロの手が加わることになります。


これが意味するのは無用な法的リスクを冒さずに済むということにもつながってくるので、全体的なリスク抑制ができるということになります。


復讐屋といっても無法者ではなく、商売としてやっているので合法的な手法のみをつかって作戦を構築していきます。


素人考えで動くと意図せず法に触れるようなことも回避できますし、逆に自分一人でやるというのは、そういうリスクもあるということなんです。

 


●デメリット1 費用がかかる


復讐屋はボランティアではありませんから、依頼するにも費用がかかりますので予算が必要になってきます。


このあたりは何を犠牲にして復讐を達成していくかということにもなりますが、1人でやるよりも複数、それもプロの手でやれた方が成功率が上がります。


これについては否定のしようがありませんから「そこまでして復讐したくない」ということなら復讐屋の線は断念すべきでしょう。


逆に何をしてでも恨みを晴らしたいという場合には非常に有用なのではないでしょうか。

 


●デメリット2 情報を渡す必要がある


これは1人でやるか複数人でやるかという話になってきますが、1人であれこれ考えるだけなら自分が他人に話さない限り絶対に秘密となります。


しかし仲間を作ろうとして、裏でターゲットと繋がっているような人物に話をしてしまうと情報が筒抜けとなってしまいます。


これでは復讐する前に報復がきてしまう可能性もある訳で、非常にリスクの大きい流れになってしまうでしょう。


ですので自分やターゲットの関係者に話すよりかは、第三者の復讐屋に相談した方がまだマシということになります。


かといって復讐屋なら何でもいいという訳ではありませんので、ここなら大丈夫という業者を選んで相談をしていくと良いでしょう。

 


メリットデメリットとしてはこんなところで、必ずしも良いことばかりではないとお分かり頂けたと思います。


もちろんメリットもある選択肢ですから納得いくまで検討を重ねることが大切になってきますね。

 

復讐工作は相手ありきで考えないと成功しない

復讐工作を依頼するからには自分の思った通りに相手を痛めつけて・・・なんて考えると思いますが、それは大きな間違いです。


いえ、間違いというか効果を低くしてしまっているということになるでしょう。


なぜそうなってしまうかというと、復讐工作は元より復讐が成功するというのはどういうことでしょう?


相手が何らかの形で深い後悔やダメージを負う必要があるはずです。


ダメージを負うということは効果がある何かをしないと意味がないということになります。


つまり自分で復讐するにしても復讐工作を依頼するにしても「相手に効果がある何か」をしないといけません。


ですので相手ありきに考えないといけませんし、自分がやりたいこととイコールにはならないのです。


これが自分のやりたい復讐をやっても効果が低い=恨みが晴れない可能性が高いという理由になるんです。

 


例外もあって「復讐という行為をした」ことで恨みが晴れるようなケースなら合法の範囲内でやりたいことをやればいいでしょう。


いわゆる「復讐さえできれば満足」というパターンですね。


ですがこれも表向き自分でもそう思っていても、実際にやってみると全然晴れなかった事例も多いようです。


万全を期すなら効果もあってやりたいことを模索していく方が良いかもしれません。

 


1人でやるなら自分で考えないといけませんが、復讐工作を依頼するのであれば復讐屋などが相談に乗ってくれます。


向こうも商売でやってますし、自分から法に触れるようなことをしてしまう連中ではありません。


希望を伝えて「それは法に触れるから無理」などごくごく普通に相談していくことができます。


何から何まで詳細を説明すると自分でも実行できてしまいますから、ある程度はボカして話をしてきますが全容が分からないということはありません。


というかそこで必要以上にボカしてくると、こちらも安心して依頼できませんから信頼関係にも関わってくるところです。

掲示板で復讐工作をオススメできない理由

復讐工作を依頼するには業者のサイトから問い合わせをするパターンと掲示板に書き込みをするパターンがありますが、ハッキリ言って後者は全くオススメできません。


なぜかというと基本的に掲示板に集まってくる業者は個人でやっている方が募集なり応答なりをするケースが多く、非常に実態が掴みにくいという点があります。


最悪の場合メールアドレスしかつながりが持てないためアドレス変更をすると全く連絡が付かないということになりやすいです。


もちろん業者のサイト経由だから完璧に安全という話にはなりませんが、まだ自分たちのサイトを構えて運営しているだけ信頼度があるのではないかと思います。

 


それに加え復讐工作というのは個人で実行できるものと出来ないものがあります。


計画段階でどうかんがえても二人以上の人員が必要になるものだと、個人の業者ではパフォーマンスに満足できない可能性が高いでしょう。


またホームページを持てないレベル、という考えることもできますから可能性を挙げたらきりがないのでオススメしないということになるのです。

 


最終的な判断を下すのは自分自身ですから、メリットを感じる方を選択することが最も大事です。


そのためにできるだけ情報収集をしておくと良いかと思います。

 


掲示板は復讐工作の依頼に向かないことに加え、復讐関連の相談についてもオススメができないところです。


結局のところ掲示板で情報交換や書き込みをしている層というのは業者か依頼して失敗した方が殆どになります。


なぜ復讐に成功した方がいないのかといえば、その人の復讐は終わったのですから掲示板に来る必要が全くないわけです。

 


これは依頼を行ない成功した口コミが皆無であることにも繋がってきます。


自分の恨みが晴れたので他の人の手助けを・・・なんていう考えになる方が一体どれだけいるのでしょうか?


おそらくそういう方は恨みを持っても忘れて過ごすので復讐工作自体考えない、やっぱり掲示板に成功者が来ないということなんです。

リンク